人を惹きつける

  • 2011.03.27 Sunday
  • 11:40
JUGEMテーマ:旅行
次は、観光の定義の2つめ「人を惹きつける」ことです。それには「積極的な情報発信」に努めることが不可欠です。


単に地域の魅力が高まるだけでは、交流人口の増加にはつながりません。
その地域のことを知らない多くの人々に対し、その地域の魅力を的確に表現し、それを伝えない限り、多くの人々を惹きつけることはできないのです。


しかし、地域の魅力という漠然とした内容を的確に表現することは、ものを売ることとは違い大変に難しいものです。
また、昨今の情報化時代では情報が氾濫しており、ただ情報発信しても埋もれてしまい人の目にふれることは難しく、その情報の伝え方にも地域独自の工夫が必要となります。


情報発信というと、ITの活用、ホームページの制作ということがすぐに思い浮かびますが、ITはあくまでも情報発信の手段のひとつです。大切なことは、ITを使って何を発信するのかという後方の内容(コンテンツ)なのです。


地域は名所・旧跡などの観光資源があるだけで、旅行者を惹きつけることは難しいです。その観光資源があることで「何を得る・感じることができるのか」を的確な表現で発信して、はじめて人を惹きつけられるのです。


発信のための具体的方法は色々あります。IT活用もひとつの手段ですが、一番重要なのは直接的な誘致活動です。その誘致活動の具体的な方法はいろいろな方法があり、その地域特性にあったものを選択する必要があります。

たかまさ観光総研では、具体的誘致活動の方法をご提案させていただいております。
お問い合わせ:takada■takada-keiei.com(■を@に変更してください)
fecebookはこちら→http://on.fb.me/gJoUfz
コメント
大事なんは、地域とそこに興味をもつひとがどれくらい「共鳴・シンパシー」を響かせられてるか、ってことだと思います。
  • かつ
  • 2011/03/27 12:00 PM
そんの通りですね!案外、地元の人のほうが冷めていることが多いんですよね。観光客の想いに応えられていない。共鳴・シンパシーを響かせるには、まず地域のひとびとの意識を変えることかな〜と思っています。
  • 眦腸輅
  • 2011/03/27 12:56 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

高田雅文ググタス

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM