滞在型観光の成功は、町ぐるみの協力が必要。

  • 2011.07.11 Monday
  • 09:41
JUGEMテーマ:旅行

 北海道観光がバスやレンタカーで複数の観光地を巡る周遊型から、1ヶ所にとどまり趣味などを楽しむ滞在型に変わりつつある。(日経MJ 7/10)


 最近このような記事をよく見かけるようになりました。このこと自体はまさにその通りと思います。
沖縄や九州など観光で収益を上げているところは、同じホテルに3泊しても、その地で飽きることなく楽しむことができます。そして、その地のことを知れば知るほどに、気に入って何度も足を運びたくなります。もっとマニアな部分に行きたくなります。
 その町で飽きさせない工夫を、町ぐるみで作り、長期滞在&リピーターを可能にしてるんですね。

 北海道はどうでしょうか?

 北海道新聞や日経MJなどの過去記事やニュースなどで取り上げられることと言えば、「ホテルの長期滞在割引プラン」のことばかりです。
 もちろん、そのようなプランは必要ですけれども、もっと先に整備しなくてはいけないことが他にあると思うのは、私だけでしょうか。。。

 長期滞在可能な主流コンテンツを整備してから、ホテルの割引プランなどの長期滞在の手助けとなるような補助コンテンツを作る。
 その主流コンテンツを作ろうとしているニュースって、あまり聞かないですよね。

 旅行会社勤務時代は、主に周遊型旅行の企画をしていましたが、ホテル連泊の滞在型ツアーを作ることも、もちろんあります。そのときに感じていたことは、「地元の連携の薄さ」です。
 どの町にも、有名ではないけれども、その町以外の人からみれば面白く感じる場所はたくさんあります。ですが、町ぐるみで連携し観光客を誘致している場所はほとんどありません。
 点と点なんですね。一本の線になっていないわけです。
では、点と点を結びつけるものってなんなのでしょうか?


 「砂むし」で知られる鹿児島県指宿市がJR指宿駅を核とした街のにぎわい再生に向け動き出した。温泉卵を使った新名物を提供したり、マスコットの「ゆるきゃら」を作ったり、地元の女子高生が特産のお茶のサービスで観光客を出迎える。(日経MJ 7/10)


 そう。これなんですよ。「地元の女子高生が特産のお茶のサービスで観光客を出迎える」これなんですよね。点と点を結びつけるものって。

 私は、観光の町・函館で生まれ育ちましたが、こうゆう行事があったという記憶はありません。観光に支えられている町ということさえわからずに育ってきました。
 大人になってから、「ああ。観光に力を入れなければ、この町はやばいな。」と思うわけです。これは私だけでなく、函館で育った人の共通認識ではないでしょうか?

 九州の飫肥に観光で訪れたときに驚いたことがあります。飫肥の小学生ってすれ違う観光客全員に「こんにちは〜」って挨拶するんですよ。これにはびっくりしました。
 その町は観光に支えられているので観光客をおもてなししましょう、挨拶しましょうと、学校で教えられているのではないでしょうか。
 このような教育を受けていれば、自然と町ぐるみで協力して観光振興をしましょうという流れになる。点と点を結び付ける活動が自然とできるのではないでしょうか。

 滞在型の観光を成功させるには、その町で3泊しても飽きることのないコンテンツが必要。そのためには町ぐるみの協力が必要で、大人だけでなく学生も全ての住民が、町づくりに参加することが望ましいです。そのような文化を作るためには、小さいときから、観光に対する意識付けを行う必要があるのだと、私は思います。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

高田雅文ググタス

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM